SHMINATOR

キャンプにロースタイルをおすすめする理由

      2016/02/12

ロースタイルキャンプのイメージ

最近流行のキャンプスタイルといえばロースタイルですよね!

何故ロースタイルキャンプが流行っているの?何が違うの?

キャンプにおけるロースタイルのメリット、デメリットを調べてみました。

スポンサーリンク

1. ロースタイルとは?

ロースタイルキャンプとは、より地面に近い目線でのキャンプの事です。チェアやテーブル、といったキャンプサイトでの住空間を低めの道具で揃えるスタイルです。

ファッション業界にトレンドがあるように、アウトドア業界にもトレンドがあります。数年前から各アウトドアブランドがロースタイルをプッシュしています。業界もトレンドを作る事で販売促進というわけです。

それではその理由についてです。

2. ロースタイルのメリット

荷物が少なくなる

個人的にはこれが一番の理由かもしれない。ロースタイルのチェアやテーブルは、コンパクトに出来るものが多いです。単純に背丈を低くすれば体積減って軽くなりますね。

キャンプを数回すれば気づくんですが、物の多さは手間の多さです。ロースタイルは手間要らず、という訳です。

空間を広く使える

目線が下がる事で、タープ内を広く感じますし、実際にコンパクトなので、スペースを広く使えます。広くなった分タープも小さくするなら荷物が減ります。

天井が高い部屋って開放感ありますよね? あれと一緒です。多分。

目線に合わせて天井も低くすれば風に強くもなります。

焚き火が楽しい

より焚き火に近くなるので焚き火の管理が楽です。焚き火が楽しくなります。もともと焚き火スタイルがロースタイルみたいなもんらしいですしね。

焚き火を楽しむならロースタイルはおすすめですよ。

大地の息吹を感じる

ネタ切れではありません。地面と近くなると、リラックス出来ます。ロースタイルチェアは足を伸ばせますしね。

草原に寝そべると気持ちいいでしょ?あれと同じ原理です多分。

3. ロースタイルのデメリット

調理・食事がしづらい

よく耳にするロースタイルのデメリットです。ハイスタイルに比べると調理は特にしづらいとは思いますので、気になる方は調理スペースはハイスタイルにすればよいと思います。

食事に関しては今まで座面のしっかりしたディレクターチェアで食事していた方には不便かもしれませんね。リラックスチェアとか深く座るタイプで食事していたならそんな変わらないかと思います。

腰をやられる

中高年層にあまりロースタイルがいないのは、こういう理由でしょうか・・・。

椅子が低いと、立つ、座るの動作が辛いようです。また、天井を低くしたために常に中腰になって痛めるという理由もあります。

若い人はまったく問題ないと思いますよ。


 

以上です。いかがでしたか?これからロースタイルに移行しようかなという方、自分のキャンプスタイルのどこに重点を置くのかということをしっかり検討してから購入するとよいのではないでしょうか?

※追記

ロースタイルでのチェア選びに悩んでいる方が多いようなのでロースタイルにおすすめなチェアをまとめました。

ロースタイルにおすすめなチェアをまとめてみた

 - アウトドア ,

Menu Title
×
MENU