SHMINATOR

Amazonプライムの特典やメリット・デメリットをまとめてみた

      2016/02/18

アマゾンプライムのメリットデメリット

Amazonプライムをご存じですか?AmazonプライムとはAmazonの有料会員サービスの事で、年額3,900円で様々な特典を受けられるサービスのことです。

Amazonを多く利用する方には便利なサービスですし、最近は得られる特典もどんどん豪華になっています。

今回は、Amazonプライム会員に入会しようか迷っている方、若しくは、プライム会員って?という方にも分かりやすいように、Amazonプライムによってゲットできるサービス、そして注意点などをまとめました。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員とは?

アマゾンプライムって?

Amazonプライムとは、ネットショッピング最大手『Amazon』の有料会員サービスで年額3,900円で様々な特典を受けられるようになるサービスです。

具体的には、以下に説明します。

 プライム会員の特徴

プライム会員は年額3,900円学生版なら年額1900円!!)で各種様々なサービスを受けられるようになります。受けられるサービスは、以下のものになります。

  • お急ぎ便、お届け日指定便が無料
    プライム対象商品のお急ぎ便と配達日指定が無料です。
  • 最大2名まで家族会員として登録できる
    本人以外に家族を2名まで登録可能です。家族会員はお急ぎ便、配達日指定、タイムセール先行サービス、特別取扱商品の手数料無料の特典を利用できます。
  • タイムセールの先行サービス
    プライム会員なら、タイムセールの商品を通常より30分早く注文出来ます。
  • 特別取扱商品の手数料無料
    大型商品(家具や家電など)にかかる別途手数料が無料になります。
  • 定期お得便のまとめ割引
    日用品などの定期購入サービスである定期お得便が特定月に3件以上あれば最大15%の割引が適用されます。
  • プライムビデオ
    対象の映画やドラマ、TV番組が無料で視聴できます。
  • prime music
    追加料金無しで100万曲以上の楽曲を聞くことが出来る音楽配信サービスです。
  • kindleオーナーライブラリーの利用
    kindle端末を持っていれば、対象タイトルの中から月に1冊無料で読む事が出来ます。
  • kindle端末割引
    kindle端末を購入するとき4000円オフになります。(無料体験の場合は4000円分のギフト券プレゼント)
  • オーディオブックサービス『オーディブル』が3ヶ月利用無料
    オーディオブックサービスとは、書籍の内容を音声で聞くサービスです。audible(オーディブル)は、月額1500円で1万冊の書籍を聴き放題ですが、3ヶ月利用無料に。
  • 注文から1時間で商品が届く『Prime now』が利用可能に
    890円の手数料を支払えば、注文から1時間で商品が届くサービス。現在は東京の一部地域で利用可能です。

今までもお急ぎ便無料などでAmazonを多く利用する方にとっては、プライム会員になるメリットが有ったのですが、2015年9月にスタートしたプライムビデオ、prime musicによって、プライム会員のメリットは、非常に大きなものになりました。

また、学生の場合は、年額1900円で利用できる『Amazon Student』というサービスも有ります。詳しくは、以下の別記事↓で紹介しています。

>>学生限定『Amazon Student』のメリット・デメリット

 本命はお急ぎ便、お届け日指定便の有効利用

プライム会員になる大きなメリットの一つに、お急ぎ便、配達日指定が無料になるというものがあります。

Amazonを日常的に使っている方で、お急ぎ便を使った事のある方は、その速さに驚くはずです。大抵の場合、当日若しくは翌日に注文した荷物が届きます。Amazonは全国各地に倉庫を持っているため、このようなことが可能となっています。全国の倉庫はコチラの地図で確認できます。

また、都市部であればあるほど、当日お届けの商品数も増えますから、メリットも大きいです。早い場合には、当日午前10時に注文したものが、当日午後2時に届くこともあるみたいです。

逆に、地方の場合、当日お急ぎ便は利用できない物も多く、メリットは少ないです。しかし地方であっても、お急ぎ便なら1日〜3日で商品が到着しますから、メリットが全く無いわけでは有りません。

お急ぎ便その他の通常料金は、以下になります。

オプション名通常会員プライム会員
当日お急ぎ便¥514無料
お急ぎ便¥360無料
お届け日指定便¥360〜¥514無料

年間10回以上お急ぎ便などの有料オプションを使う場合、プライム会員の方がお得ですね。当然ですが普段からAmazonの利用が多い人ほど、プライム会員になるメリットが多くなります。

そして更に、プライムビデオとPrime Musicのスタートによって、Amazonプライムは非常に付加価値の大きいサービスへと変化しました。

プライムビデオ・prime musicとは?

Amazonプライム会員向けにスタートした無料映像配信サービス及び、無料音楽配信サービスです。

最近スタンダードになりつつある、映像や音楽の定額配信サービスですが、そこにAmazonも参入したと考えればOKです。

プライムビデオもprime musicも、あくまでサブコンテンツですので、huluやdTV、もしくはApple musicやAWAといった、動画配信や音楽配信がメインのサービスと比べてしまうと、見劣りしてしまいますが、それでも特典としては十分過ぎるラインナップですし、今後も追加されていく予定です。

現在のプライムビデオの作品数は1600作品ほど、Prime Musicは100万曲ほどのラインナップのようです。見応えのある作品や、有名な曲も多いですから、月額300円ほどのサービスであると考えると非常にお得です。

この2つのサービスの詳細は、以下の別記事で詳しくまとめてます!気になる方はどうぞ!

>>プライムビデオで見れるおすすめ映画やドラマまとめ

>>Prime Musicってどうなの?実際に使ってみた

Amazonプライム会員のメリット8つ

メリット

時間の節約になる

ネットショッピングの最大のメリットは、時間の節約です。

仕事で忙しく買い物に行く時間も無い場合に、必要なものが家から出ることなく購入できるのは、時間の節約になりますよね?

家から出る場合、商品のある店を探す→店までの移動→購入→自宅へ移動 と多くのプロセスを踏むので、時間や移動費も考えると結局高く付いてしまう事も多いです。

また、帰宅して不在届があった場合、再配達を依頼するのも面倒ですよね?

当日お急ぎ便やお届け日指定便が有れば、急ぎの場合や不在の場合でも、ストレス無く商品を受け取ることが出来ます。

家具や飲料といった大型商品も気兼ねなく注文できる

Amazonには特別取扱商品というものがあります。これはサイズの大きい商品や重たい商品などの、配送時に特別な取り扱いが必要な商品のことです。通常、これらの商品には別途手数料が必要となるのですが、プライム会員ならこれらの手数料が無料となります。

そして、意外な特別取扱商品として飲料水があります。飲料水などをケースで注文する際も、Amazonで手数料がかかる場合があります。Amazonで飲料水を購入する方は、絶対にプライム会員になるべきだと思います。

各種セールで優先購入出来る

毎日開催のタイムセールはもちろん、Amazonは年に数回大型のセールを開催します。

プライム会員ならそういったセールの販売開始時間の30分前から先行購入が可能です。先日の大型セール『サイバーマンデー』ではMacBookやWindowsノート、大型テレビなどが半額近い値段で販売されました。

これらは在庫数も少ないため、実質30分前に購入できるプライム会員以外は購入できません。

逆に言えば、プライム会員なら大幅値引きの商品を手に入れるチャンスが有るということです!

 Kindleで月に一回無料で本が読める

Kindleとは、アマゾンの電子書籍サービスの事で、もしKindle端末もしくはFireタブレットを持っている場合、月に一回対象の中から選んだ本を無料で読むことが出来るサービス『Kindle オーナーライブラリー』が利用できます。。注意して欲しいのは、Kindle専用端末もしくはFireタブレットを用いてKindleサービスを利用した場合に限るという点です。

また、対象となる本は95万冊もあります。読む価値のない本も多いですが、読んで損はない本ももちろん沢山あります。それらが月に一冊、年間12冊読めるのであればかなりお得ですよね!

プライム会員であれば、kindle端末が安く購入できるサービスもありますし、読書家の方にとっては嬉しい特典なのではないでしょうか?

プライムビデオで映画見放題

プライム会員であれば、無料で対象の映画を見放題で見ることが出来ます。

他社映像配信サービスと比較したものを表にまとめました。

サービス名月額料金動画本数特徴
プライムビデオ¥325(実質それ以下)2000作品以外にも作品が豊富。
洋画の名作や定番海外ドラマ等は一通りある。
画質はほとんどがHD。
無料期間は30日
hulu¥933(税抜き)10000作品豊富な作品数、特に海外ドラマが充実。
画質はほとんどがHD。
無料期間は2週間。
Netflix¥650(SD)
¥950(HD)
¥1450(4K)
1000作品オリジナルドラマが豊富で、評価も高い。
コアなジャンルもカバーしている。
4k対応もポイントで、今後作品数は増える予定。
無料期間は1ヶ月。

現在プライムビデオにある総作品数は2000作品ほどです。

映像配信そのものがメインである他社サービスと違い、プライムビデオはあくまで特典の一つでしかありません。

にも関わらずこれだけの作品数を揃えているのは、驚異的ですね。

作品も新作映画こそ少ないですが、見応えのある作品がそろっています。どんな映画があるのか気になる方は、別記事↓にて、おすすめ映画を確認してみてくださいね。

>>プライムビデオのおすすめ映画・ドラマをまとめてみた

また、嬉しいポイントとして、タブレットやスマホなどのモバイル端末であれば、ダウンロードが可能だという点です。これにより、オフライン環境でもダウンロードした映画やドラマを見ることが出来ます。

Prime Musicで音楽聴き放題 

こちらもプライム会員であれば、無料で対象の音楽を聴き放題です。

現在Prime Musicにある総曲数は100万曲程で、これも他社音楽配信サービスに比べると圧倒的に少ないです。他社サービスと比較した表を以下にまとめました。

サービス名月額楽曲数最高音質特徴
Prime Music¥325(実質それ以下)100万曲以上256kbps他と比較すると圧倒的に曲数が少ないが、洋楽は比較的充実している。邦楽は焼け野原。ライトユーザーに最適。
Apple Music¥9803000万曲以上256kbps邦楽が他社と比べ少なかったが、最近は増えている。洋楽は充実。家族でお得なファミリープランも有り。
Google play Music¥9803500万曲以上320kbps邦楽・洋楽ともに充実しており、曲数は最多。クラウド保存が50,000曲まで無料。アプリの操作性◎
LINE Music¥1000 (学割¥600)800万曲以上(英国大手プロバイダとの提携で今後2000〜3000万曲へ)320kbps邦楽に強い。世界の音楽配信アプリランキングで日本唯一のランクイン。急成長を遂げた。学割がおいしい。国内市場でAWAと共に大きなシェアを持つ。
AWA¥960 or ¥360数百万曲以上(2015年末までに3000万曲予定)320kbps(Wi-Fi)LINE Musicと共に邦楽に強い。邦楽だけならGoogle、Appleより充実。国内市場ではLINEと共に優勢。

Prime Musicはとにかくコスパ重視です。これでただの特典ですから驚くべきことです。アップルやグーグルのサービスは3000万曲以上とラインナップも豊富ですが、月額1000円近い値段を払うのは、常に全ての音楽を把握しておきたい一部のマニア層だけというのが実情です。

一般のユーザーは、もっとライトな使い方がメインです。生活の中のBGMとして使うのであれば、Prime Musicは十分なラインナップでしょう。邦楽に関しては物足りなさも感じますが、クラシックやゲーム音楽などは豊富ですし、洋楽はマルーン5やテイラー・スウィフト、ケイティ・ペリーなど豊富なラインナップです。やはりアメリカ企業なだけあって洋楽は揃えるべきところは揃えてます。

更に、この手の音楽サービスの嬉しい点は、新しい音楽との出会いです。自分の知らないジャンルの曲、自分では買ったり借りたりしないような曲が聞けるのは、音楽の世界を広げてくれます。

それが月額325円、実質それ以下で出来るのは非常に魅力的ですね。

また、モバイル端末やタブレットなど、Prime Musicアプリがインストール出来る場合、曲のダウンロードが可能ですから、オフライン状態でも聞くことが出来ます。これなら電池持ちもいいですし、ドライブなんかでも役に立ちますね。

Prime Musicについての詳細は別記事↓で確認してくださいね!

>>Prime Musicってどうなの?実際に使ってみた

Prime Now(プライムナウ)でもっと便利に

Prime Now(プライムナウ)とは、注文からなんと1時間以内で商品をお届けするAmazonの新サービスです。

プライムナウは、日用品や食料品を中心に豊富な品ぞろえですから、忙しい時には本当に時間の節約になりますよ!

プライムナウには以下の2種類の配送オプションがあります。

  • 有料の1時間便
    別途配送料890円を支払うことで、注文から1時間以内にお届けするサービス
  • 無料の2時間便
    配送料は無料で、2時間間隔で配達時間を指定可能なサービス

対応エリアは関東、関西を中心にどんどん拡大していますから、これらの地域に該当している方は、ぜひ利用してみてくださいね!詳細が気になる方は別記事↓をご覧ください!

>>プライムナウでネットショッピング新時代に

Audible(オーディブル)が3ヶ月利用無料に!

オーディオブックはご存じですか?オーディオブックとは、音声書籍の事で、書籍の内容を朗読したものになります。

オーディオブックなら、混雑する満員電車の中でも、スマホとイヤホンがあれば本を読むことが出来るのです。聞くだけですから読書が苦手な方でも本を楽しむ事が出来ます。

Audible(オーディブル)は、Amazon傘下のオーディオブック配信サービスで、月額1500円の定額で1万冊のオーディオブックを聴き放題のサービスです。

プライム会員なら、こちらのサービスをなんと3ヶ月無料で利用することが出来ます!ビジネスマンや読書に興味がある方は、一度試してみてはいかがですか?

興味のある方は、以下の別記事↓をどうぞ!

>>Audible(オーディブル)を利用してみた

プライム会員のデメリット

デメリット

あくまでも本命はショッピング

プライム会員となるにあたって、考えるべきは年間どれくらいアマゾンを利用するかどうかです。プライムビデオやPrime Musicは確かに魅力的ですが、それぞれのサービスは単体ならもっと良いサービスがあります。

とはいえ、仮にプライムビデオとPrime musicの2つを目的として契約した場合も、年間3900円ですから、1つのサービスあたりの月額料金は160円ほどと格安であるのは間違い有りませんが(笑

日頃からアマゾン、つまりネットショッピングに慣れ親しんでいて、より良いインターネットライフを過ごしたいという方には是非ともおすすめしたいですね。

余計な買い物が増えるかもしれない

僕もプライム会員を利用しているのですが、実際にお急ぎ便で助かったー!という事は年間10回もあるかわからないです。(笑

それでもなぜプライム会員を続けるのかというと、快適さに慣れてしまったからです。頼んだものが1日、早ければ当日に来るのは、それが急ぎの買い物でなくてもやっぱり快適です。

加えて本当に急ぎの買い物も年間に数回はあるんです。その時にお急ぎ便として有料を選択するのもなんか悩んじゃうんですよね。それなら何も考えなくても最速で届けてくれるプライムはやっぱりありがたい。

プライム会員はすぐに届けてくれたり買い物に迷いが生じにくくなるぶん結構あっさり買ってしまうんですよね。セールも魅力的ですし。そんなわけで余計な買い物も増えてしまうかもしれません。

まとめ

プライムビデオとPrime Musicの追加で今後が楽しみに

プライムビデオ、Prime Musicの登場で年額3900円で非常に幅広いコンテンツをカバーするサービスとなりました。これから更に加速していくインターネット社会で、そのトップを走り続けるAmazonの今回の新サービスには度肝を抜かれましたね。

そして更に新しく始まったPrime Nowにも今後の成長が期待できます。

いままでアマゾンプライムに興味がなかった方も、これを機に初めてみてはいかがでしょうか?

迷ってる時は無料体験!

プライム会員について説明しましたが、やっぱり実際に試してみないと判断するのは難しいですよね。

そういう時の為に、アマゾンプライム無料体験があります。これはアマゾンプライム会員を30日間無料で体験ができるもので、プライム会員としてのサービスを全て使用できます。

この無料体験は、30日が経過すると自動でプライム会員となり、3900円を請求されますから忘れないように注意です。設定で体験終了時にプライム会員にならないように出来ますから、不安ならやっておくと良いですね。

また、無料体験の権利は1度だけでなく、期間(1年くらい?)を置けばまた無料体験が出来るようになりますからかなり良心的ですね!

>>Amazonプライム無料体験はこちら

Top image & Eye catch image original update by MIKI Yoshihito

 - ライフハック , ,

Menu Title
×
MENU