SHMINATOR

人気アイテムを厳選!キャンプ用テーブルの選び方とおすすめ紹介

      2017/05/24

アウトドアやキャンプで使うテーブルっていろいろあって悩みますよね。

テーブルは、キャンプのリビングスペース作りにおいて重要なアイテムです。

今回はキャンプ用のテーブルの選び方、そしておすすめテーブルを紹介します!

スポンサーリンク

キャンプでのテーブルの選び方

出典:http://blog.196km.com

キャンプにおけるテーブルって意外と重要度の高いアイテムです。

食事スペースとして、視覚的にも与える印象が強いですから、こだわる人はとことんこだわりますね。

さて、それではキャンプ用のテーブルは、どういう基準で選んだらいいのでしょうか?

ポイントは使用・収納サイズ・安定感

キャンプなどのアウトドアテーブル選びで重要なのは使用・収納サイズと安定感です。

・使用サイズ

使用サイズは人数によっても変わりますから、適したサイズを選びましょう。個人的には大きめをおすすめします。

・収納サイズ

収納サイズも地味に重要です。ツーリングなどのソロキャンプは収納サイズが何より大事ですし、ファミリーキャンプでもテーブルがコンパクトだと持ち運びが楽です。

・安定感

テーブルとして最も大事なのがコレではないでしょうか。安定感の有るテーブルは、心地よいリビングスペース作りに必須です。

テーブルは広いほうが無難

出典:https://store.snowpeak.co.jp

個人的にはテーブルは人数に対して広めのサイズをおすすめします。

ツーリングなどのソロキャンプでは、収納性が第一ですし、凝った料理も作らないでしょうから、テーブルのサイズは30✕20cmくらいでもOKです。

しかし、オートキャンプでは、料理もいろいろするでしょうし、リビング空間は重要ですから、テーブルの上が広いほうが何かと便利です。

当サイトのキャンプはコンパクトを信条としていますが、テーブルはある程度サイズがあったほうが便利ですね。

収納に余裕があるなら、テーブルは大きめのものを選びましょう。

複数用意するのもアリ

出典:http://sgwu1.com

使い勝手の面で言えば、テーブルは大きいのを一つより、小さいのを2つ持つほうが取り回しが良いです。

複数あれば、人数の変化にも対応できますし、調理台やサイドテーブルのように使うことも出来ます。

メインテーブルを一つと、サイドテーブルを1つ、という風に揃えたり、サイドテーブルを複数で、くっつけてメインテーブルにするというような使い方もあります。

おすすめのキャンプ用テーブル

出典:http://kyoronko.exblog.jp

さて、それではおすすめのキャンプ用テーブルを紹介していきます。

今回は選びやすくするために、ソロキャンプ向け、ロー/ハイ兼用、ロースタイル向け、ハイスタイル向けの4種類にジャンル分けしました。

使用サイズや収納サイズ、重量や耐荷重も出来る限り調べていますので、参考にして下さい。

ソロキャンプ向け

ソロキャンプ向けのテーブルは、収納性が第一です。面積はそこまで必要ではありません。

調理台としても使用する場合は、天板が金属タイプのものが耐熱性があり、しっかりしていておすすめです。

・【Helinox】 テーブルワン ハードトップ

Helinox(ヘリノックス) テーブルワン ハードトップ ブラック 1822171 BK

Helinox(ヘリノックス) テーブルワン ハードトップ ブラック 1822171 BK
使用サイズ:60✕40✕39cm 収納サイズ:40✕12✕13
重量:835g
耐荷重:50kg

コンパクトチェアで人気のヘリノックスのテーブルです。軽量、コンパクトで使用サイズも大きく、さらに耐荷重50kgと丈夫な高性能テーブルです。

新モデルであるこちらのハードトップは、布製天板の中にアルミ板が入っており、布製テーブルの欠点であるたわみを克服しています。

本体の重量が軽いため、風が強いと心配ですが、耐荷重が50kgもあるのである程度乗せておけば安心でしょう。

ソロキャンプやサイドテーブルとしての使用におすすめです。

耐熱ではないのでバーナー等を使う場合は注意です。

 

・【キャンパーズコレクション】アルミハードトップテーブル

キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブル AHT-4257(GY)キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブル AHT-4257(GY)
使用サイズ:42✕57✕36cm 収納サイズ:Φ(直径)8✕60cm
重量:800g
耐荷重:不明

こちらもヘリノックスのハードトップ同様、布製天板の中にアルミ板が入っているテーブルで、非常に安定感があります。

非上に評価の高いアイテムで、ヘリノックスのハードトップと比べると収納性は劣りますが、価格面では圧倒的に安いです。

耐荷重は公式では記載は無いですが、各レビューによると20kgでも耐えられたそうです。

 

・【SOTO】フィールドホッパー
ソト(SOTO) ミニポップアップテーブル フィールドホッパー ST-630ソト(SOTO) ミニポップアップテーブル フィールドホッパー ST-630
使用サイズ:29.7✕21✕7.8cm 収納サイズ:29.7✕11✕1.9cm
重量:395g
耐荷重:3kg

ガスバーナーなどで有名なSOTOのソロ用テーブルです。開くだけのワンアクションで使用できる手軽さが魅力です。

使用サイズは小さめで、必要最低限のものしか乗せられません。その代わり収納性が非常に高く、ツーリングや登山などでは活躍してくれるはずです。

 

・【キャプテンスタッグ】アルミロールテーブル 

キャプテンスタッグ アルミロールテーブル アルミロールテーブルコンパクト M-3713
キャプテンスタッグ アルミロールテーブル アルミロールテーブルコンパクト M-3713
使用サイズ:40✕29✕12cm 収納サイズ:7✕6✕40cm
重量:700g
耐荷重:30kg

キャプテンスタッグの名品の一つである、アルミロールテーブルです。

シンプルな作りながら収納性、安定感、耐荷重など非常に高いレベルでまとまっており、なおかつ価格も手頃なコスパの高いアイテムです。

大きいサイズもあり、サイドテーブルとしても優秀です。

キャプテンスタッグ アルミロールテーブル ロースタイル アルミロールテーブル UC-501

ロー・ハイ両方対応

今一番スタンダードなのが、ロースタイル・ハイスタイル両方対応の高さ調節機能付きです。

とはいえ基本的には、もともとハイスタイル向けだった製品に、ロースタイル流行の波に乗って高さ調節機能をつけただけなんですが、機能は多いほうが嬉しいですよね。

高品質なモノからコスパの良いモノまで、幅広く厳選しました。

・【ロゴス】 オートレッグテーブル

ロゴス テーブル オートレッグテーブルAL 12070 73185002ロゴス テーブル オートレッグテーブルAL 12070 73185002
使用サイズ:120✕70✕70/45cm 収納サイズ:18✕12✕122cm
重量:5.3kg
耐荷重:記載無し

個人的におすすめなのがこちら、ロゴスの『オートレッグテーブルAL』です。最大の売りはその機能性です。

八の字型の脚部の安定性が非常に高く、また脚部の構造上テーブル下がフラットなので、開放感があります。

テーブルとしての使用感を第一に考えられた良い製品だと思います。意外とやるじゃんロゴス。

唯一の欠点が縦長な収納です。122cmが車に載せられるならおすすめです!

 

・【PRIMUS】アジャスタブルテーブル

PRIMUS(プリムス) キャンプファイア アジャスタブルテーブル 2016SS P-CAJT
PRIMUS(プリムス) キャンプファイア アジャスタブルテーブル 2016SS P-CAJT
使用サイズ:90✕50.5✕45〜68cm 収納サイズ:Φ20✕90cm
重量:4kg
耐荷重:記載無し

スウェーデンの燃焼器具メーカー『PRIMUS (プリムス) 』のアウトドアテーブルです。

アルミとウッドを組み合わせたテーブルで、上品で高級感のあるデザインが魅力ですね。高さ調節が45〜68cmまで自由に調節可能なのもポイントです。

さらに脚の各部が長さを自由に調節できるので安定感が高く、凸凹な地形でもしっかりと立てることが可能です。

また、公式ではありませんが、耐荷重がハイテーブル時34kg、ローテーブル時は102kgという情報もあり、ハードユースです。

 

・【コールマン】ナチュラルウッドロールテーブル

コールマン テーブル ナチュラルウッドロールテーブル110 2000023501コールマン テーブル ナチュラルウッドロールテーブル110 2000023501
使用サイズ:112✕70✕70/40 cm 収納サイズ:19✕20✕70
重量:5.3kg
耐荷重:30kg

コールマンのテーブルといえばコチラのウッドロールテーブルです。木の温かみがいいですね。

また、ロールテーブルなので収納性が高く、持ち運びが楽です。

欠点としては、脚部の構造上テーブル下が狭い事ですね。

ヴィンテージ感のあるタイプも有ります。

コールマン テーブル ナチュラルウッドロールテーブル ヴィンテージ/110 2000026802

 

・【キャンパーズコレクション】フォールディングテーブル

キャンパーズコレクション フォールディングテーブル YAT-1260キャンパーズコレクション フォールディングテーブル YAT-1260
使用サイズ:120✕60✕70/37.5cm 収納サイズ:62.5✕62.5✕8cm
重量:5kg
耐荷重:40kg

コスパの良さでお馴染みのキャンパーズコレクションのテーブルです。

コストパフォーマンスの良い製品で、デザインさえ気にしないのであれば、使い勝手はピカイチです。

テーブル下が開放的なのもポイント。

 

コールマン テーブル ナチュラルモザイクリビングテーブル/140プラス

コールマン テーブル ナチュラルモザイクリビングテーブル/140プラス 2000026750コールマン テーブル ナチュラルモザイクリビングテーブル/140プラス 2000026750
使用サイズ:140✕70✕70/40cm 収納サイズ:70✕10✕47cm
重量:5.6kg
耐荷重:30kg

コールマンのナチュラルモザイクテーブルは、他にはないウッド調のモザイク柄がポイントです。

こちらのモデルは横幅が140cmあるのもポイントで、通常120cmが多いのですが、120cmでは物足りない方にはコレです。

それ以外は標準的なテーブルですが、デザインが気に入ったのならアリですね。

ロースタイル向け

最近流行しているロースタイル向けのテーブルは、ウッド調のものが多いのが特徴です。

見た目のおしゃれさが魅力で、収納サイズはやや大きめのものが多いです。

・【テントファクトリー】ウッドライン グランドテーブル

テントファクトリー テーブル ウッドライン グランドテーブル TF-WLGTテントファクトリー テーブル ウッドライン グランドテーブル TF-WLGT
使用サイズ:76✕41.5✕26.5cm 収納サイズ:78✕45✕7.8cm
重量:3.4kg
耐荷重:記載無し

デザイン性の高いアイテムをリーズナブルな値段で提供するテントファクトリーのウッドテーブルです。温かみのあるウッドテーブルで、ロースタイルにハマります。

似たようなウッドテーブルはかなりの効果なものも多いので、ウッドテーブル初心者には嬉しいアイテムですよね。

収納性サイズがやや大きめなのが欠点。

 

・【キャプテンスタッグ】CSクラシック FDパークテーブル

キャプテンスタッグ テーブル CSクラシックス FDパークテーブル 60 UP-1007キャプテンスタッグ テーブル CSクラシックス FDパークテーブル 60 UP-1007
使用サイズ:59✕53✕27cm 収納サイズ:59✕53✕6cm
重量:2.7kg
耐荷重:10kg

こちらはキャプテンスタッグのウッドテーブルです。テントファクトリーのウッドライングランドテーブルと基本的に構造は同じですね。

価格が安いだけあって高級感はないですが、リーズナブルに木製テーブルが買えるというのはありがたいですね。

 

・【ユニフレーム】 焚き火テーブル

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104
使用サイズ:55✕35✕37cm 収納サイズ:55✕35✕2.5cm
重量:2.8kg
耐荷重:50kg

ユニフレームの傑作の一つである焚き火テーブルです。熱狂的な愛好家が多いことで有名です。

耐荷重50kgの頑丈さと、熱や傷に強いステンレスボディに加え、シンプルな構造とコンパクトな収納で大人気となりました。

もともとは焚き火用サイドテーブルなんですが、複数揃えてメインテーブルとする人も少なくありません。

 

・【キャプテンスタッグ】竹製ラウンドローテーブル

キャプテンスタッグ テーブル アルバーロ 竹製ラウンドローテーブル65 UC-503キャプテンスタッグ テーブル アルバーロ 竹製ラウンドローテーブル65 UC-503
使用サイズ:Φ65✕21cm 収納サイズ:68✕7✕35cm
重量:3.5kg
耐荷重:30kg

キャプテンスタッグの割には高い(失礼)テーブルです。しかし値段だけあって天板の質感も良く、脚部もしっかりしている良い商品です。

このタイプの円卓は選択肢がスノーピークかコレしかないのですが、価格面で圧倒的に優秀です。

 

・【テントファクトリー】スチールワーク FDテーブル

テントファクトリー テーブル ウッドライン スチールワーク FDテーブル600 TF-WLSW-FD600テントファクトリー テーブル ウッドライン スチールワーク FDテーブル600 TF-WLSW-FD600
使用サイズ:60✕45✕26cm 収納サイズ:記載無し
重量:3.5kg
耐荷重:20kg

テントファクトリーのスチールワークテーブルは、焚き火用のサイドテーブルです。

ユニフレームの焚き火テーブルと同様、ダッチオーブンなど、熱いものをそのまま載せられるのが魅力です。

ハイスタイル向け

ハイスタイル向けのテーブルは、居住性が高く、安定感のあるものがおすすめです。

多少値段は張りますが、室内でも使える高品質なものが多いです。

・【SNOWPEAK】ワンアクションテーブルロングタケ

スノーピーク(snow peak) ワンアクションテーブルロングタケ LV015Tスノーピーク(snow peak) ワンアクションテーブルロングタケ LV015T
使用サイズ:121.5✕72✕66cm 収納サイズ:121.5✕37✕9.3cm
重量:13kg
耐荷重:記載無し

スノーピークのワンアクションテーブルは、高級感のあるデザインとずっしりとした安定感で、屋内使用でも全く違和感のないアイテムです。

天板を開くとワンアクションで設営が完了する手軽さや、収納袋がついてくるのもポイント。

値段は高いですが、それだけの実用性、満足感を得られるアイテムです。

 

・【DOPPELGANGER】ストレージアウトドアテーブル

折りたたみ式 ストレージアウトドアテーブル TB5-110 大容量の収納スペース付き

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 折りたたみ式 ストレージアウトドアテーブル TB5-110 大容量の収納スペース付き / コンパクト収納 / ダイニングテーブル オフィスデスク ガレージ用品 収納として屋内利用も可能
DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 折りたたみ式 ストレージアウトドアテーブル TB5-110 大容量の収納スペース付き / コンパクト収納 / ダイニングテーブル オフィスデスク ガレージ用品 収納として屋内利用も可能
使用サイズ:120✕60✕81/71/63.5/53cm 収納サイズ:60✕60✕8.5cm
重量:7.9kg
耐荷重:30kg

個性的なアウトドアグッズの多いドッペルギャンガーのテーブルです。このテーブルの素晴らしい点は、大容量の収納スペースです。

ティッシュや調味料、お菓子などを置くと意外と手狭になってしまうテーブルも、これだけの収納スペースが付いていれば安心ですね!

高さを4段階に調節できる点も地味に嬉しいです。

 

・【Castelmerlino】イタリア製 折りたたみ アウトドア テーブル L 

カステルメルリーノ(Castelmerlino) イタリア製 折りたたみ アウトドア テーブル L (120 X 60cm) No.48カステルメルリーノ(Castelmerlino) イタリア製 折りたたみ アウトドア テーブル L (120 X 60cm) No.48
使用サイズ:119✕60✕70cm 収納サイズ:119✕34✕13cm
重量:8.6kg
耐荷重:記載無し

イタリアの家具メーカー、「カステルメルリーノ」のアウトドアテーブルです。家具メーカーならではのしっかりとした安定感があります。

カラマツを使用した木製天板と赤脚がイタリアらしく可愛いですね。収納袋も付きます。

レトロな雰囲気が好きな人にはたまらないテーブルです。イタリア製なのもポイント。

 

最後に

気になるテーブルは見つかりましたか?

自分のキャンプスタイルに合ったテーブルを見つけて、楽しいキャンプを過ごしてくださいね!

キャンプではテーブルとセットでチェア選びも悩みますよね!

チェアの選び方、おすすめ紹介もべつきじでしていますので、気になる方はどうぞ!

>>キャンプでおすすめのロースタイルチェアをまとまてみた

 - アウトドア , ,

Menu Title
×
MENU