SHMINATOR

餃子の羽根は小麦粉?片栗粉?どっちがいいの?【比較】

      2015/10/18

羽付き餃子のイメージ

餃子の羽根も今では家庭で手軽に作れるようになりましたね!

”餃子 羽根” で検索すると沢山の羽根のレシピが出てきます。小麦粉と水、片栗粉と水、小麦粉と片栗粉と水・・・。

どのレシピが一番うまいんだ!?

ということで、美味しい羽根のレシピをそれぞれ比較してみました。

スポンサーリンク

美味しい餃子の羽根とは

餃子の羽根ーーー。

それは限られた者だけに許された匠の業

中国四千年が生んだ芸術

儚く舞い散る金色の翼

そんな餃子の羽根も今では手軽に作れるものになりました。

基本的には小麦粉・片栗粉・水・ごま油

ネット上には沢山のレシピが存在するんですが、基本的に用いる材料は

  • 小麦粉
  • 片栗粉
  • 油脂(ごま油)

のようですね。

これらの材料のうち、小麦粉は使わないだとか、片栗粉は使わないだとかあるみたいです。

それでは、それぞれの材料に詳しく注目していきましょう。

小麦粉

小麦粉は、片栗粉より焦げやすく、パリッと感が持続します。片栗粉を使用せず小麦粉だけで羽根を作った場合、パリパリサクサクとした羽根が出来ます。

片栗粉

片栗粉は、油で揚げるとサクっとジューシーに仕上がりますが、時間が経つと水気が出てへなっとしてしまいます。片栗粉だけで羽根を作った場合、歯ごたえのある羽根になりますが、分量を間違うともちのようになってしまうので注意です。

油脂

さくっとした食感の演出に欠かせないのがコレです。特に片栗粉で羽根を作る場合、油がなくてはさくっとした羽根にするのは難しいかもしれません。

比較してみた

では、小麦粉だけの羽根と片栗粉だけの羽根、両方用いた羽根ではどう違うのでしょうか。

実際に作って比較してみました。

実験条件

今回は3種類の羽根の作り方で行う。

A. 小麦粉10gだけを用いて羽根を作る
B. 片栗粉10gだけを用いて羽根を作る
C. 小麦粉、片栗粉5gずつを用いて羽根を作る

A.B.Cそれぞれ手順は同じとし、同量の水、油を使用する。

手順1 粉を油5gと混ぜ、水50gをすこしずつ加える

このとき、みずを一気に加えてしまうと、溶かしにくいので、少量ずつ加えながら混ぜる事で、しっかりと溶かす事ができる。

コレが羽根の素になる。

手順2 混ぜた液体をフライパンに流し込み、そこに餃子を並べる

フライパンに油は引かず、冷たいままでよい。羽の素の中に油が含まれているので、これで十分である。

手順3 フタをして強火で4分、その後フタを開けて弱火にし水気を飛ばして完成

餃子を並べたら蓋をして4分ほど強火にかける。その後フタを開け弱火にし水気を完全に飛ばし、程よい色になれば完成。

結果

A. 小麦粉のみの羽根

小麦粉のみの羽根はこちら

餃子小麦粉のみ

非常に薄く、サクサクとした羽根で、バリバリとした硬い食感はありません。

餃子そのものを邪魔しない程度の食感ですね。個人的にはもう少しざくざく感が欲しいです。

非常にもろい羽根ですので散らかります。

B. 小麦粉と片栗粉半々の羽根

小麦粉片栗粉ハーフハーフがこちら

小麦粉片栗粉半々の羽根

Aの小麦粉のみに比べてしっかりとした羽根になり、サクサク感、ざくざく感、どちらも楽しめます。

まさにハイブリッドといった感じで、僕はコレが一番好みでした。

C. 片栗粉のみの羽根

片栗粉のみがこちら

片栗粉のみの羽根

食感はざくざく感がすごいです。また、片栗粉は乳化作用がないため、水と混ぜても分離してしまいますね。

また、小麦粉に比べると焼き色が付きにくいように感じました。

まとめ

以上のことから、今回の方法では、水と油を乳化させるためにも、また、程よい焼き色をつけるためにも、小麦粉を少しだけでも加えた方がよさそうです。

片栗と小麦の配合の比率に関しては

  • 片栗粉が増えるほどバリバリザクザクになる
  • 小麦粉が増えるほどパリパリサクサクになる

という点を踏まえてお好みの配合にすればよいと思います。

まとめ

餃子の羽根について皆さんの疑問が解決できたなら幸いです。

お好きな配合で餃子の羽根を作ってくださいね!

トップ画像&アイキャッチ画像:photo by Yusuke Kawasaki

 - グルメ, ライフハック , ,

Menu Title
×
MENU