【ランキング】鯖缶18種類を食べ比べ!美味しい鯖缶の選び方

グルメ
スポンサーリンク

こんにちわ!

皆さん!鯖缶食べてますか?

私はモリモリ食べてます!

最近はダイエットや健康食として注目されている鯖缶ですが、せっかくなら美味しい鯖缶を食べたいですよね!

ike
ike

安い鯖缶を買ったら臭くて食えたもんじゃなかった…。

という経験がある人もいるのではないでしょうか?

同じ鯖缶でも、ブランド・メーカーによって全く美味しさが違います。

今回はいろんな鯖缶(水煮・味噌煮)を食べ比べて比較してみました。

スポンサーリンク

鯖缶比較の結論

ひとつづつ比較を見るのも大変だと思いますので、美味しい鯖缶を食べるための結論から述べます。

それは、『安い外国産(中国・東南アジア)は高確率で地雷なので買わない』ということです。

共通認識として、美味しい鯖缶とは何か?と聞かれれば、『脂がのっていて身が柔らかく、臭みのないもの』だと考えています。

ただ、味や身の柔らかさ、脂のノリについての好き嫌いは個人差があると思います。

ですから、鯖缶選びでは鯖缶において確実に不味い要素である『臭み』を避けるのが大事です。

安い外国産(中国・東南アジア)は高確率で地雷

ike
ike

中国産サバ缶の地雷率は異常。

50円安いだけでこんなに違うのかってくらい不味い!

いろいろな鯖缶を食べ比べた結論として、高確率で身が臭いのは安い外国産(中国・東南アジア)の鯖缶でした。

ここで補足ですが、鯖缶の産地・製造国は大きく分けて以下の3種類に分類できます。

  • ①海外水揚げ・外国加工
    主に中国産。安い。ハズレ率(不味い・臭い)が非常に高い。買うべきではない。
  • ②国内水揚げ・国内加工
    価格は高いが品質は安定している。体感としてハズレ率は最も低い。
  • ③国内水揚げ・外国加工
    主に東南アジア産。②に比べると安く、②と同等の品質のものもあるが、ハズレを引く事も結構多い。玉石混交。

私が言うところの安い外国産というのは、①海外水揚げ・外国加工である場合が多いです。

もちろん、②と③の鯖缶でも特定のメーカーやサバ個体によっては身が臭いこともありますが、確率が大きく違います。

外国産、特に安い中国産の鯖缶はいろんなブランドを食べましたが、一度も美味しいものを食べたことがないです。全部不味い。まじで。

また、脂のノリも悪くパサパサな鯖缶である場合も多いです。

中国産鯖缶を食べて『鯖缶=不味い』という印象を持ってほしくありません。

現在、私の近くのスーパーでは中国産鯖缶が100円、国産鯖缶は130〜200円程度です。

多少割高ですが国産を買うことをおすすめします。

美味しいサバ缶の選び方

より美味しい鯖缶を食べるための方法をまとめました。

常に実践できるわけではないですが参考までに。

産地で選ぶ

国内では美味しいブランドサバの産地があります。

有名なものに宮城県石巻港の『金華サバ』や、青森県八戸の『八戸前沖さば』などがあります。

これらのブランドは一定の基準をクリアしたサバしか名乗れないので、品質も当然信頼できます。

ブランドサバの鯖缶は鯖缶にしてはかなり高額になってしまうかもしれませんが、確実な美味しさが期待できます。

賞味期限間近のものを選ぶ

鯖缶は製造から時間が経つほど、味が馴染んで美味しくなると言われています。

鯖缶の賞味期限は3年程度なので、賞味期限から逆算すれば製造からどれくらい経っているか分かりますね!

とはいっても賞味期限間近の鯖缶なんてなかなか売っていないので、見つけたらラッキーくらいに思っておきましょう。

鯖缶を食べ比べ!比較ランキング

さて、独断と偏見に基づき実際に食べた鯖缶をランキング形式にしてみました。

なお、中国産鯖缶については経験からほとんど地雷であることが分かっているので今回の比較には登場しません。

ちなみに、鯖缶は以下のような基準で評価しています。

臭み脂のり柔らかさ価格
★★☆☆☆
無し← →臭い
★★★★☆
悪い← →良い
★★★☆☆
固い← →柔らかい
★★☆☆☆
安い← →高い

臭みについてですが、サバ缶である以上サバの匂いは絶対にあります。食べたときの魚臭さがどれくらいなのかという点を評価しています。

さば水煮

サバ水煮は普段調理して食べることが多いのですが、今回の食べ比べはそのまま食べたので味の違いがはっきりとわかりました。

 

味噌煮

味噌煮はそのままご飯のおかずに食べることが多いと思いますので、特に生臭さについては厳しくチェックしました。

 

まとめ

今回は全部で18種類の鯖缶を比較しました!

国産の鯖缶メインで評価したので、数はあまり多くありませんが、食べ比べるとメーカーによって味付け・美味しさが全く違うことがわかると思います。

自分好みの鯖缶をぜひ見つけてみてくださいね!

当ブログが気になる・気に入ってくれたあなたへ

当ブログは、『Push7』を導入しました。

『Push7』は、ブログ更新時にあなたのスマホやPCに自動でプッシュ通知をしてくれるサービスです。面倒な登録や入力は一切不要で、↓の「購読する」ボタンをクリックするだけでOK。

当ブログを気に入ってくれた方、よく訪れてくれる方はPush7をぜひご利用ください。

グルメ
『参考になった』『いいね』と感じたらシェアしてね!
IKEをフォローする
スポンサーリンク
SHMINATOR

Comments