SHMINATOR

キャンプで冷蔵庫が使えちゃう!? 3way冷蔵庫のススメ

   

キャンプの冷蔵庫代わりといえばクーラーボックスですよね。

しかし、実はキャンプでも本物の冷蔵庫を使用することが可能なんです!

その名も3way冷蔵庫!!

今回はアウトドアにおすすめな3way冷蔵庫のメリット・デメリット、そしておすすめ3way冷蔵庫を紹介します!

スポンサーリンク

3way冷蔵庫とは?

出典:http://dogcamp.naturum.ne.jp

3way冷蔵庫とは、3種類の動力源が使用できる冷蔵庫です。

3種類の動力源とは、AC電源、DC電源、ガスの事を指します。

コンセントのない屋外でも使用できるように、ガスが動力源として使用できるんですね!

どうしてガスで冷えるの?

出典:http://tokyopasserby.blogspot.jp

冷蔵庫内が冷える原理は冷媒の気化による吸熱効果です。

電気の場合は冷媒を気化させるのに圧力を使いますが、ガスの場合は冷媒を気化させるのにガスの火を使います。

燃やして冷やす、なんだか矛盾しているようですがガス冷却は昔からある方法で現在でもアウトドアシーンで使われています。

要するに電気とそんなに変わらないよということだね!ウンウン!

AC電源、DC電源って?

AC電源とは交流式、DC電源とは直流式のことです。

AC電源は一般的に家庭のコンセントから供給されているものです。家電は多くがAC電源ですね。

DC電源で身近なものは車のシガーソケットで使用するモノですね。シガーソケットに挿して使う充電器やFMトランスミッターなどがそうです。

キャンプで3way冷蔵庫を使うメリット

キャンプでクーラーボックスではなく3way冷蔵庫を使うメリットを紹介します。

欲しくなること間違いなしですよ!

カセットガスで冷える!

出典:http://sailedon.web.fc2.com

3way冷蔵庫の最大の特徴はガス(カセットボンベ)を動力源に出来ることです!

カセットボンベ(CB缶)やアウトドア缶(OD缶)が使用出来る上に、CB缶1本で約24時間冷却可能という驚異的なコストパフォーマンスです。

他のキャンプ道具にCB缶やOD缶を使用しているなら、燃料の互換性もあり非常に優秀ですね!

家、車内、キャンプ場で使える!

3way冷蔵庫は動力源がAC電源、DC電源、ガスの3種類というのは説明したと思います。

これはつまり、家、車内、キャンプ場のそれぞれで使用できるということなんですね!

キャンプ前日から食材などを家で冷やし(AC電源)、車に乗せて冷やし(DC電源)、キャンプ場に付いたらカセットガスで冷やす、という事が可能なんです!

これは夢が広がりますなぁ。

自力で冷える!

当たり前ですがクーラーボックスと違い冷蔵庫なので自力で冷えます。

途中で氷を買い足しに行かなくていいんです!

キンキンに冷えたビールを3日目でも飲めるんです!

どうです?欲しくなってきませんか?

災害時の強い味方になる

災害大国ニッポンですから、備えあれば憂いなしです。

災害時は長期間のインフラ停止などがありえますので、アウトドア用品が活躍する場でもあります。

特にCB缶はカセットコンロなどで使用する機会が多いです。

CB缶で使用出来る3way冷蔵庫は長期間のインフラストップ時に心強い味方になってくれること間違い無しでしょう。

3way冷蔵庫の注意点

メリットだけでなくデメリットもしっかり把握した上で購入しましょう!

ガス以外は冷えがまぁまぁ

3way冷蔵庫は電気とガスどちらも使用できますが、ガス使用が本命な為に電気だと冷えがまぁまぁです。(家庭の冷蔵庫と比べて)

電気使用はメインではないということを理解してくださいね。

車内冷蔵庫として使うのがメインならば、ガスは諦めてAC/DCの2way冷蔵庫を買うのがおすすめです。それだとキャンプではなかなか使えませんが。

また、そこら辺の弱点は保冷剤を使用したりでカバーできます。

価格が高い、重たい

基本的に3way冷蔵庫は生産しているメーカーが少なく、価格が高いです。

30〜40リットルの冷蔵庫で4〜5万くらいします。これはなかなか手が出ませんねぇ。

また、重いです。15kg〜20kg位あります。中身をいれたらそれ以上です。

中身を入れた状態で運ぶのはなかなか骨が折れそうですね。

直射日光を避け、水平に置く

ガス冷却の冷蔵庫の宿命として、あまりに高温の場合実力を発揮できません。

真夏の炎天下に直射日光に当たるような場所に放置しては、流石に冷えません。

そこらへんはクーラーボックスと同じで涼しいところに置きましょう。

また、水平に置くことも大事です。適当にななめに置いたりしないように。

おすすめの3way冷蔵庫

出典:http://www.dometic.co.uk/

さて、それではおすすめの3way冷蔵庫を紹介していきましょう!

といっても2種類しかないんですけどね。

ドメティック 3way冷蔵庫 mobilcool

Dometic ポータブル3WAY冷蔵庫 mobilcool シルバー RC1602EGCDometic ポータブル3WAY冷蔵庫 mobilcool シルバー RC1602EGC
サイズ:本体/W50×D44×H44cm、庫内/W41×D22×H34cm(冷却器の突起部分含まず)
容量:33L
重量:16kg
電源:AC100V、DC12V、CB缶
定格消費電力:AC100V/75W、DC12V/75W
付属品:製氷トレイなど

ワインセラーなどを製造するドメティックの3way冷蔵庫「mobilcool」です。

本体からはみ出ずにCB缶をセットできるため、収まりが良いです。その分収納性は低いですが。

冷却パワーの強・弱切り替え、上蓋をテーブルトレイとして使用可能、取り外し可能製氷トレイなど、使いやすさにこだわっています。

電源ケーブル等は本体背面とくっついており、忘れる心配はないですが、若干邪魔です。

エルロン 3way冷蔵庫 フロステル

エルロン 3way冷蔵庫 42リットルエルロン 3way冷蔵庫 42リットル
サイズ:本体/W50×D49×H44.7cm、庫内/記載無し
容量:42L(有効サイズ約40L)
重量:18kg
電源:AC100V、DC12V、CB缶、OD缶
定格消費電力:90W
付属品:アイストレイ/AC100コード/DC12Vシガーソケットケーブル/カートリッジ用レギュレーター/ガスホース/CB缶ブラケット

アウトドアガス製品ブランドのエルロンが販売している3way冷蔵庫です。ドメティックの対抗馬として数年前から販売されています。

個人的におすすめはこちらです!

ドメティックと比べると、ガス缶をホースで繋いで外付けするため本体サイズは同じ位ですが容量が大きく、電源コードやガスホース類も取り外せるので邪魔になりません。

また、カートリッジ用レギュレーターを使用することで、CB缶・OD缶どちらでも使用可能です。

さらにこのレギュレーターは他の器具でも使用でき、単体で買うとかなり高価なのでお得です。

 

最後に

3way冷蔵庫はいかがでしたか?

アウトドアっていろんな面白い道具がありますよね!

エルロンの3way冷蔵庫に付属しているレギュレーターはかなり便利で、例えば、ガス式炊飯器での炊飯が手軽に出来たりするんです。

詳しくはそのうち別記事で紹介したいと思います。

 - アウトドア , ,

Menu Title
×
MENU